BUSINESS

Wordoressテーマを選べない人の選び方!選ぶ基準はたった1つ

更新日:

WebライターがSEOコンテンツ作成で意識する

どうも、アンドです。

 

今回はWordpressテーマの選び方についてお伝えしていきます。

WordPressのテーマって、毎年のように新しいものが出てて、いろんなブログ記事でも「有料Wordpressテーマ厳選TOP10」みたいな記事もボロボロあるからさ、あれがいいよ、これがいいよって。

 

無料がいいのか、有料でいいのか、、、レスポンシブ? SEO対策? モバイルフレンドリー? 表示速度?って、はじめてWordpressのテーマを購入する人からすると結局どれがいいの?となっちゃうんですよね、実際。

(レスポンシブ、SEO対策、モバイルフレンドリー、表示速度も判断基準になりません、正直なとこ)

 

なので、Wordpressテーマでは何を基準に選ぶか、この記事では超絶簡単にお伝えします。

 

WordPressのテーマはデザインで選ぶ

この記事での答えを先に出すと、Wordpressテーマを選ぶ基準

それはデザインが好みかそうじゃないかだけ。

 

テーマを選ぶ基準は単純に好きか嫌いかで選んで十分です。

好きか嫌いかというと極端ですが、これから作るブログのイメージに合っているか?あなたのキャラの引き立ててくれるか?という、言ってしまえばデザイン的なフィーリングです。

 

Wordoressテーマを選べない人の選び方

 

これから運営するブログが、趣味的なブログなのか、ガーリーっぽいのか、士業やビジネスなブログかで雰囲気って変わってきますよね。カジュアルな服かスイートロリなのか、スーツなのかと雰囲気に合わせたコーディネートな選び方で大丈夫です。

まぁ、フィーリングで選んでいいといっても「SEOはどうなるの?有料にしないとダメ?」と頭の中に疑問がこびり付きそうなので、これから説明していきます。

 

それなら無料で良くない?

WordPressテーマをフィーリングで選んでいいなら、「しっくり来るなら無料のテーマでもOKですよね?」と言いたくなりますよね。

はい、OKです。問題ありません。

 

なら、無料のWordpressテーマでオススメするとしたら

Wordoressテーマを選べない人の選び方

Xeory Base(セオリー ベース)

  • SNS・アナリティクス・meta情報が管理画面から簡単に設定できます。
  • 5パターンのカラーバリエーション
  • カラムのパターンが選択できる
  • レスポンシブ対応
  • CTA(引き合いを獲得する施策のこと)の設定が管理画面から出来ます。
  • LP(ランディングページ)の作成も管理画面から出来ます。

 

Wordoressテーマを選べない人の選び方

Cocoon(コクーン)

  • シンプル
  • 検索エンジン最適化(SEO)
  • モバイルフレンドリー
  • 完全なレスポンシブスタイル
  • 吹き出し機能
  • 定型文のテンプレート化機能を装備
  • アフィリエイトタグの一元管理
  • ランキング作成
  • ブログカード機能
  • SNSシェアボタン
  • 豊富なウィジェットエリア

Wordoressテーマを選べない人の選び方

Luxeritas(ルクセタリス)

  • Bootstrap をベースにページ表示高速化
  • SEO施策済
  • 完全レスポンシブ対応
  • Facebook、Twitter Cards の OGP 対応。
  • 1~3 カラムが選べる自由なレイアウト。
  • シンタックスハイライターや吹き出しなどある。

 

使い勝手がいい3つの無料Wordpressテーマ、Xeory Base(セオリー ベース)、Cocoon(コクーン)、Luxeritas(ルクセタリス)を紹介しました。

3つの特徴を見てもわかるように、3~4年前なら厳しかったんですが、今ではSEO施策・レスポンシブ・高速化対策の3つは、ほとんどのテーマで標準装備となってます。

 

それなら無料テーマでいいんじゃない?

ブログ運営に関して言えば、紹介した3つの無料のテーマでも問題はありません。

と言いつつ「でも、アンドは有料テーマ使ってるんだろ?」と突っ込まれそうですが、

はい、有料テーマ使ってます。WING(AFINGER5)というテーマです。

Wordoressテーマを選べない人の選び方

無料テーマでもレスポンシブやSEO対策は万全で、スライド表示なんかのオリジナルな機能がついているのに、なんで有料テーマを使ってるのか。

 

その理由は【なんとなくの不安】

 

有料テーマの魅力は、本音を言えば安心感です。

有料だからこそのサポート体制があったり、定期的なバージョンアップがあったりとサポートに関しての安心感。

 

あとは、有料版なら効果が高そうだ、きっと上位表示も狙いやすくなるはず。というタダのものより有料のものの方が、なんとなく安心して気持ちが満たされるというようなステータス感、無料より有料のほうが、秘匿性のある秘密のSEO対策をやってそうという精神的な安心感。

 

この2つの安心感があるから使われる方が多いと考えています

 

僕もはじめてWordpressでブログ運営していた頃、無料テーマを使っていたんですが3ヶ月とか4ヶ月目くらいで記事数も増え、そろそろ上位表示されるようになって読者も集まってくれるはず、、、とワクワクしながら期待していました。

でも、まったく読者数やPV数は増えず、期待していたように読者がどんどん集まり、収入もガンガン上がっていくこともなく、ブログ内が路地裏の小っさい居酒屋のような寂しさが出ていました。

挫折と悩む

「なぜ数字が上がらない、、、なぜだ?何でなんだ?」と考えたり、ネットでさんざん調べていると、「有料テーマじゃないからだ、、、」と、僕のコンテンツ作成能力が弱いことは棚上げにして、無料テーマのせいにしてました。(実際にそうだったポイントもあるんですが)

 

無料テーマでブログ運営をしていると、大多数の人が「なんとなく有料の方がいいんじゃね?」という想いで気持ちが焦ってくるんだと思います。実際に「PV数が上がらないから、有料テーマにしようと思うんです」という質問は何度か受けたことがありますすので。けっこう無料テーマはダメかもと思っている人は多いはず。

 

で、そんな質問を受けたときの僕の回答は「ずっと不安でいるくらいなら購入したら?」です。

なんか愛想も愛嬌もない回答です。でも、実際「無料だからか、、、」とモンモンと考え、悩むことは時間のムダ。

悩む時間が今後も来るなら、悩むタネや判断に悩む選択肢は一つひとつ潰してしまって、覚悟をもって月収10万や100万に向けて集中したほうが僕は良いと思います。というか、実際にそうしたので。

 

有料テーマのSEO対策とか速度対策はほぼ一緒

無料のWordpressテーマを紹介してきましたけど、有料テーマはかなり考えたほうがいいです。

アフィリエイト向けやデザイン特化の有料Wordpressテーマはそれこそ無数にあります

例えば…

アフィリエイトブログといえばコレ

*上の3つのテーマを僕から購入していただくと特典けっこうつけさせていただきます。

特典紹介
SEO ライター コツ
【特典】1日のPV数をハネ上げる方法を教えて!現役ライターが教えるSEOライティング強化コミュニティ

  どうも、アンドです。 このたびは、広大なネットの世界の片隅にあるこのページを運命的に訪問していただき、ありがとうございます。 今回は、とあるコミュニティについてのお知らせです。 &nbs ...

続きを見る

デザインと言えばTCD

それぞれに特徴はあるんですが、正直デザイン的な要素でしか差別化ができていないと思うんですよね。

 

速度対策なんてほぼ一緒

ブログ運営での大事な要素の1つとなるのが「表示速度

読者がサイト、またはブログページを選んで5秒以内に表示ができないと大半の人は離脱するというのが定説になっているほど、表示するスピードの重要性は高いものになっています。

それにGoogleさんも2018年7月から上位表示の判断基準にサイトの表示速度も追加するとコメントを出しています。

【参考記事】表示速度をモバイル検索のランキング要素に使用

Wordoressテーマを選べない人の選び方

そもそもWordPressは読者からのアクセスによってWebサイトを表示するレスポンシブな動的サイトなので、SIRIUSで作ったようなシステムが無いHTMLファイルだけの静的サイトに比べると、表示速度は遅くなりがちです。

 

その表示スピードに1つの要因になっているのがWordpressテーマのページレイアウト構造だったりするんですが、どの有料・無料とわず、どのWordpressテーマでも表示スピードの速さはバッチリです!と発表されているんですよね

 

でも、表示速度を決定づけるものはWordpressテーマの構造以外にも、どのサーバーをつかってるか、どんなキャッシュ系プラグインをつかっているかなど、その他の要因が多いし、サーバーやプラグインの方がWordpressテーマよりも重要なので、テーマだけで表示速度は判断しようがないんですよね。

 

SEO対策もほぼ横一線

「インデックス上位表示に大切なSEO対策もバッチリ対応」というのも、表示速度と同じでどの無料・有料Wordpressテーマでも発表されていますし、どのテーマでも実際に制作者の意図するSEO対策の構造になっているので、どれも素晴らしいなと思います。

 

ですが、GoogleやYahooなどの検索サイトで上位表示されるための要因をすべて知っているのは検索サイトの中の人たちで、制作者がすべてを知っているワケではないんですよね。

 

だから実際には「SEO対策済み!」というのは、実証実験やGoogleなどが発表する公式コメントをもとに、考えうるSEO対策はすべてやっといたよという意味なので、有料テーマであればどれを選んでもさほど差はないと思ってます。

 

横一線だから記事の作り方が重要

どの有料Wordpressテーマを選んだとしても、表示速度やSEO対策は横一線状態というのが、正直なところです。

でも、検索1ページ目にインデックスされたい、ほかのライバルサイトよりは少しでも上に行きたい、追い抜きたいというのが本音だと思います。

 

それなら僕たちでSEO対策や表示速を対策するしかないんですよね。そこで必要な知識というかスキルになってくるのがSEOを意識した「SEOライティング技術」です。

 

Webライターさんのようなライティング技術とは別物として、僕は扱っていますがいろんなツールを使ったり、SEOライターさんと情報交換しながらSEOライティングを今も学んでいます。

  • 文章内でのキーワードの使い方や散りばめ方
  • 必要な見出しの数と文字数
  • メタディスクリプションの適切な書き方
  • 関連キーワード・共起語の使い方…etc

正直、読者のためのWebライティング技術も検索サイトのためのSEOライティング技術に関しても、学びに終わりはないですよね。

 

ブログを運営しながら「上位に表示されないぞっ!このテーマが悪いんだ!」と悪態を付く前に、少し上位表示させるための記事作りについて学んでみるといいですよ。時代や読者層が変わればライティングも変わってきますし、すべての人に共感を得られる文章は存在しないので勉強あるのみです。

 

 

なぜAFFINGERを選んだのか?

無料テーマでもいいんじゃね?有料テーマはほぼ機能的には同じでしょ!と、これまでかなり言ってきましたが、このSimplactのブログや旧ブログ、ほか僕が運営するブログやサイトすべてで有料Wordpressテーマ「WING(AFFFINGER5)」を使ってます。

 

まぁ、WING(AFFFINGER5)を選んだ理由もいろいろありますので、そのあたりも共有したいと思います。

 

デザインがかなりイジれる

Wordoressテーマを選べない人の選び方

冒頭にも言ったように、僕はWordPressテーマを選ぶ基準は「デザインが好きか嫌いか」かの判断でいいと思ってます。

だからこそ、デザインは細かな部分まで変えることができた方がいいんですよね。その点、WING(AFFFINGER5)はカスタマイズ性が相当高いんですよね。

 

ほかの有料テーマだと「このブログは○○を使ってるよね」とか「最近、○○のテーマを使ってる人増えたようなぁ~」ってわかります。

そうなると、僕の場合ブログやサイトのデザインに注目しがちなので、サイトデザインにこだわってんなと思ったら、文章の中身まで魅入ってしまうことがあります。

 

このブログでもそうですが基本的にモノクロベースが好みなので、モノクロベースでカスタマイズしやすいテーマって意外と少ないんですよね。

 

プラグインが少なくていい

WING(AFFINGERの5)だけじゃなくトールなんかそうですが、

記事作成時の文字数表記やタグデザインなど本来ならWordpressのプラグインで変更・追加するような機能も、テーマの基本スペックとして搭載されているので、プラグインの数も最小限にすることができます。

 

プラグインが多くなれば多くなるほど、表示速度やセキュリティに影響が出てしまうのでプラグインが少なくできるのなら、少ないほうがブログ運営者としては非常にありがたいですね。

 

アップデート率が高く利用者が多い

WordPressに関わるアップデートは非常に大切です。

WordPressの環境やGoogleさんの上位表示の考え方も日々、時代とともに変わってくるので、Wordpressテーマ柔軟にアップデートで対応されると安心感があります。

 

WING(AFFINGER5)も毎月1度程度はアップデートされているので、ほかのテーマよりも頻度は高いです。もちろん利用者が多いので、利用者の声が反映されたアップデートもあります。また利用者が多いメリットとしては、カスタマイズを説明してくれているブログも多いのは非常に助かります。

ステコ

さらにAFFINGERで面白いのは、Twitterで疑問点など投稿するとステ子さんが答えてくれます。

 

WINGを選んだ理由も使い続ける理由も、あのSTENGERの後継機だからとか、実際にアクセスも収益もアップしたからとか、1つ購入すればほかの所有するブログすべてに使えるからとか、、、今回紹介した3つだけじゃなくまだまだありますが、あまりにも語ってしまうと長くなるので、このあたりで(笑)

 

WordPressテーマ選ぶ基準

まぁ、最初にも言ったようにWordpressテーマはデザインで選んで問題ありません。

有料のテーマを選ぶ時に、価格と機能面、利用者が多いか、サポートはあるかなど判断する基準をたくさん持ってしまうと、何で選んだらいいのか、迷ってしまって選べないとか迷う時間そもそもがムダになります。

 

だから、選ぶ判断基準はたった1つ「デザインの好き嫌い」で決めてしまって、早くWordpressテーマと同じくらい大切なブログ記事作成に早く取り掛かる方が効率的です。

 

「デザインの好き嫌い」でもいいですし、これからあなたが運営する、または既に運営しているブログの内容や読者像にあったデザインのWordpressテーマを選んでもいいですね。子ども向けとか、女性向けとか。

 

では、今回のまとめはWordpressテーマはデザインで選ぶということで、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

そして、今回紹介したWordpressテーマWING(AFFINGER5)、ALPHA(アルファ)、DIVER(ダイバー)、THE THOR(ザ トーリ)を僕経由で購入された方には、SEOライティングも含めた特典も用意しますので、4つのうちどれか選ぶって方はお問い合わせくださいね。

 

-BUSINESS
-, , , , , ,

Copyright© シンプラクト , 2019 All Rights Reserved.