ブログで稼ぐ間違い3つ

BUSINESS

【俺のようになるなっ】ブログで300万円稼いで気付いた初心者に間違えてほしくない3つのこと

更新日:

ブログで300万円を稼ぐとわかることもある

どうも、アンドです。

ブログでじゃぶじゃぶ稼ぐためにアフィリエイトやったるぞ!と決意してから2年以上も気づけばたってます。

 

僕みたいな副業サラリーマンでもブログで300万以上稼げるということがわかって、やっぱりブログビジネスは誰でもやってみるべきだと思ってます。

誰でもやってみるべきとは思うけど、いざブログでアフィリエイトでやる時にきっといろんなサイトで情報を集めたりします。僕もかなりいろんなサイトで情報をあつめたり、ノウハウを購入しては実践的な情報をインプットしてきました。

 

でも、今更考えるといろんな王道的な情報の中でもあんま効果がなかったよなっていうこともあるので、今回は僕のように遠回りせずにもっと速くブログで稼いでほしいので、勘違いしそうな大きなポイントを3つ紹介します。

 

【勘違い1】ブログは100記事書きなさい

ブログ100記事神話は勘違いというか、今の検索サイト攻略には合ってないと思うんだよね。

ブログも100記事まで行けば、ブログも強くなって上位表示されて読者もいっぱい来てくれるよね!っというのは間違いのもと。

 

間違いなんですか?

 

もちろん記事が増えれば、ブログは強くもなるし読者がブログへ入って来れる入り口も増えるからその分読者は入ってくる。

 

でも、勘違いしがちなことが1つひとつの記事の質

 

800文字とか1000文字くらいの記事で内容もスッカスカの記事が100記事あっても、あまり意味はないんだよね。

記事の低い記事がたくさんあると逆に検索サイトからの評価を下げてしまうことになるから注意しないといけない。

 

僕も経験があるんだけどブログをはじめた頃。当時はGoogle AdSenseを利用したトレンドアフィリエイトをやってて、どのノウハウでもまずは100記事!って100記事神話を信じてたから、とりあえず1日に800文字程度の記事くらい何が何でも100記事だ!と。

毎日記事を更新しまくってたけど、100記事到達しても当たりの記事が2〜3記事あるくらいでほぼ運ゲー状態のPV数しかなく、その後さらにGoogleさんから正式に「あなたの記事は低品質です。読者にとっても喜ばれるものではありません」というメッセージが来て、検索サイトから除外されたました。

 

100記事あっても内容によるんですね。
そう。ここでの教訓は、記事はなんといっても質!100記事あるからいいってワケじゃないってことだね。

 

時間がかかってもいいから、読者にも検索サイトからも喜ばれる記事をつくることが大前提

100記事あることは良いことだけど、100記事はあくまでもブログを運営していく中での通過点であって、目標やゴールにしちゃいけない。

 

ブログでアフィリエイトするなら100記事つくることが目標じゃないはず、読者に喜ばれる記事をつくり商品やサービスを紹介して収入を得ることが目標になるはず。

 

それなら記事の質が良ければ記事数は関係ないという考えなんですか?
そうだね。

僕がはじめてアドセンスで10万円を稼いだ時は50記事だったし、情報商材なら100万円を稼いだ時は30記事くらいだったから、必ず100記事は必要ないってこと。

 

 

【勘違い2】売れ筋を紹介しなさい

情報商材や物販をメインにブログアフィリエイトなら新しい商品や流行ってる商品を紹介しないさいっていうノウハウとかあるけど、ほんとにそうなのって?というのが本音。

もちろん僕も新しい商品や流行りのものを紹介していた時期はあります。

例えば、アフィリエイト先進国アメリカから話題の稼ぎ方が日本初上陸!とか、

夏本番前にあの芸能人が3週間で15kgのダイエットに成功した女性モデルたちが密かに飲む話題の酵素!とか(笑)

 

でも新商品や流行のものを紹介した方が売れるんじゃないですか?
うん、たしかに売れるけど一過性だよね。

あと新商品や流行りのものを紹介することのデメリットもちゃんと理解しないとダメだよ。

どんなデメリットですか?

 

新商品や流行りのものを紹介するデメリットは3つ

僕は新商品や流行りものを紹介することで生まれてしまうデメリットは3つあると思ってて。

3つのデメリット

①継続的には稼げない

②ライバルが爆多い

③矛盾と保てない整合性

 

アンドさん、3つはどういうことですか?
1つひとつ解説していきますね。

 

継続的には稼げない

僕としてはシンプルに稼ぎたいので、ブログは資産として積み上げていって継続的に収益を上げていくものと考えてます。

だから、そのうち廃れてしまうような新商品や流行のものを紹介するというのは収益が短期間で終わってしまうんだよね。

 

逆にすぐに廃れるという考えで新商品を紹介しつつ、ブログで継続的に売れている商品に誘導するという使い方なら新商品を紹介するのは大丈夫だと思うけど、単純に新商品のみを紹介していくのはあまりお勧めはしません。

 

ライバルが爆多い

売れ筋を紹介するというノウハウが浸透しすぎてしまって新しい商品が出るたびにこぞっていろんな人が紹介するから SNS でもブログでもライバルが圧倒的に多すぎる。

これまで半年とか1年とかブログをしっかり構築してきたようなパワーブログであればライバルが増えたとしても上位表示を狙って読者を呼び込むことはできるけど、これからアフィリエイトを始めるとかブログを始める人にとってはライバルに勝つことがなかなかできないんですよね。

 

矛盾と保てない整合性

流行のものや新商品を紹介する時にどうしても読者に買って欲しいと思いが強すぎて、これまでで一番稼げるとか最強のダイエット方法など紹介していると、

同じブログの中で1番とか最強とかの商品が増え続けて、結局どれが一番で最強なのか矛盾が生まれて整合性が取れず読者を迷わせてしまうことになるんですよね。

 

今はあまり見ないけど、よく映画なんかでも全米興行成績堂々第1位みたに紹介される映画が あったけどそれと同じこと。

 

新商品とかを紹介しないならどうすればいいんですか?
多少人気はなくてもいいから自分が絶対的にお勧めできるという商品を 長期的に紹介する方が収入は安定するよ。
それでもやっぱり新商品とかって気になるじゃないですか
どうしても紹介したいなら僕は別ブログを用意するかな。

 

全くの別ブログで新しい商品を紹介しながら、継続的に反応が取れる商品だと判断したら、メインブログで紹介するようにしてるよ。

 

 

【勘違い3】はい!学びましたの罠

ビジネスをやるなら情報をインプットしたり、稼ぎ方やツールの使い方などなど勉強することが増えてきますよね。

 

アンドさん、僕も先週ビジネスの成功マインドの本で新しい知識を得ました!
おっ、すごいじゃん!それなら本を読んでなにか行動にしてみた?
まだそこまで(笑)

 

「7つの成功法則」とか「金持父さん貧乏父さん」のようなビジネス成功系の本を読んだり、

「下剋上∞」「アンリミテッドアフィリエイト」のようなブログで稼ぐノウハウを手に入れて、PDFを読んだり動画を見たりして学べて終了になってる場合が多々あるよね。

 

めっちゃレベルアップした〜って気分になれます、たしかに。
学校の勉強とビジネスの勉強ってやっぱり違うよね。学校なら読み込んで暗記すればOKだけど、ビジネスは行動に移すとこまでが勉強だよね。
行動に移すとこまではやってなかったです。

 

「学びましたの罠」は僕の自戒の念を込めて書いている部分なんですが、以前はノウハウコレクターで買って読んで満足の無限ループを相当回してたし、お金もその分つぎ込んでました(汗)

 

だって、ノウハウとかマインドとか情報は盛大にインプットしようぜ!って言う人がけっこういたんだもん、それこそ盛大にいろんなものに手を出してしまっていました。

アンドさん、なかなか言い訳がましいですね。

だから、僕みたいにならないでねという気持ちを込めてみました。ビジネス書もノウハウも役に立つものばかりなんですが、知識や情報を得て、ブログの技術や収入に直結する行動に移さないと何も変わらんよということ。

 

稼いで気付いたことまとめ

今回はブログをはじめた頃の過去の僕に会えたら確実に伝えたい、ブログで稼ぐために間違っていたことをベスト3をお伝えしました。

 

まとめると

ポイント

100記事書く時間があるなら最大ボリュームの10記事を書け!

流行りを追わずに絶対的にオススメできるものを紹介しろ!

知識を学んで終わるな!行動に移して結果を見ろ!

という3つです。

 

それじゃアンドさんは、この3つはクリアしてるってことですか?

そだね。紹介するものは絞って、しっかり記事を書きながら学んだことから行動を修正しながら収益を伸ばすって感じ。それの継続だよね。

 

実践してれば行動も考え方ももちろん変わっていくよね。

昔からお付き合いのある方からは「昔はそう言ってなかったですよね。ブレてませんか?」と言われますが、googleみたいな検索サイトもルールは変わるんだから時代に合わせて行動や考え方は当たり前。要は行動も考え方もブレてるんじゃなく修正をかけてるだけ。

 

この記事をお読みのあなたもその時の状況に合わせて学び、行動を続けることを一緒にやっていきましょうね。

それでは最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

 

Copyright© シンプラクト , 2019 All Rights Reserved.